本専攻の概要 研究分野・教員一覧 カリキュラム 入試情報 卒業生の声 アクセスマップ
入試情報
Entrance Examinations

TOP > 入試情報

人間環境学専攻の入試情報

人間環境学専攻では、人間と人工物に対する幅広い知識をもち、環境を俯瞰することによって、今日の社会が抱える課題解決に対応できる人材の育成を目指します。ともに人間と環境が形づくる新たな時代に向かって、臆することなく挑戦的な試み重ねていきましょう。

※ 受験希望者は必ず新領域創成科学研究科修士課程/博士後期課程学生募集要項、及び、 新領域創成科学研究科環境学系入試案内書を熟読すること。ここでは、人間環境学専攻 に関連した情報を簡単にまとめます。

募集対象

平成29(2017)年度入学予定者
(平成28(2016)年度秋入学予定者を含みます)

入試日程

■ 修士課程特別口述試験 2016年7月2日(土)
■ 修士課程一般入試 入試日程A:2016年8月23日(火)、26日(金)、29日(月)
入試日程B:2017年2月9日(木)
■ 博士後期課程一般入試 入試日程A:2016年8月23日(火)、27日(土)
入試日程B:2017年1月26日(木)
■ 博士後期課程社会人特別選抜 入試日程A:2016年8月27日(土)
入試日程B:2017年1月26日(木)

※本専攻の修士課程入学試験では、学部成績が優秀で本専攻への入学を第一志望とする者に対して『特別口述試験』も行っています。 詳細は入試案内書をご覧ください。

出願期間

■ 修士課程特別口述試験 2016年5月26日(木)~6月1日(水)
■ 修士課程一般入試 入試日程A:2016年6月16日(木)~6月22日(水)
入試日程B:2016年11月22日(水)~11月29日(火)
■ 博士後期課程一般入試 入試日程A:2016年6月16日(木)~6月22日(水)
入試日程B:2016年11月22日(水)~11月29日(火)
■ 博士後期課程社会人特別選抜 入試日程A:2016年6月16日(木)~6月22日(水)
入試日程B:2016年11月22日(水)~11月29日(火)

入試説明会

■ 第1回 2016年5月8日(日) 13:00~ 東京大学本郷キャンパス・弥生講堂一条ホール
(環境学研究系合同説明会)
■ 第2回 2016年5月21日(土) 13:00~ 柏キャンパス 新領域環境棟FSホール ... 全研究室を見学可能
(環境学研究系合同説明会)
■ 第3回 2016年6月4日(土) 13:00~ 柏キャンパス 新領域環境棟2階講義室 ... 全研究室を見学可能
(人間環境学専攻のみ)
修士課程一般入試(入試日程B) 2016年9月16日(金) 12:00~ 東京大学本郷キャンパス 工学部2号館3階231講義室


募集要項・入試案内書

入試説明会において配布する他、4月1日より郵送あるいは以下の場所で入手できます。

〒277-8561千葉県柏市柏の葉5-1-5 基盤棟
東京大学大学院新領域創成科学研究科 教務係

入試案内書の請求方法について

入試科目

修士課程特別口述試験 口述試験、面接
修士課程一般入試 入試日程A:筆記試験(英語※1、数学)、口述試験、面接
入試日程B:筆記試験(英語)※5、総合的試問※6(小論文、口述試験)、面接
博士後期課程一般入試 入試日程A:筆記試験(英語※1※2、口述試験
入試日程B:筆記試験(英語※5)※2、口述試験
博士後期課程社会人特別選抜 書類選考試験※5(※2), 口述試験 ※3
外国人等特別選考
(修士課程・博士後期課程)
※4


※1 TOEFLのスコアをもって英語の試験とする。TOEFLスコアを提出し、TOEFL-ITPも受験した場合は、高い方のスコアを採用する。
※2 本学の修士課程を修了、修了見込みのものは筆記試験を免除する。
※3 出願前に研究指導を志望する教員に連絡を取り、希望する研究内容について相談すること。ただし、事前相談ができなかった場合でも出願を妨げるものではない。(入試案内書の入試情報を参照すること)
※4 出願前に研究指導を希望する教員に連絡を取り、指導の可否について承諾を得ることが望ましい。(入試案内書の入試情報を参照すること)
※5 TOEFL,TOEICのスコアシート(いずれか,または両方)を提出することをもって英語の試験とする.また,TOEFL,TOEICテストのスケジュールは,以下に示す公式サイトを参考にしてください.
TOEFL: http://www.cieej.or.jp/toefl/toefl/schedule.html
TOEIC: http://www.toeic.or.jp/toeic/guide01/schedule.html
※6 総合的試験に関する事前準備等については,受験票送付の際にお知らせする.

過去の入試結果

過去の入試結果はこちらをご覧ください

卒業生進路情報はこちらをご覧ください

過去の入試問題ダウンロード

過去の入試問題ダウンロードをご希望の方は、以下からご登録下さい。
ご登録いただいたメールアドレス宛に、ダウンロード用URLをお送りします。(7日経過以降にダウンロードできなくなります。)
ダウンロードできるのは問題のみで、解答例などは配布しておりません。

お名前
ご所属
メールアドレス

問い合わせ先

担当:
小竹 元基 准教授 / 伊藤 寿浩 教授

お問い合わせ

よくある質問

特別口述試験に関する質問

Q 特別口述試験に提出する小論文での図、表等、数式、化学式等について
A  図、表等は原則として用いないこととします。数式、化学式等の使用が必須の場合は常識の範囲内で使用してください。この場合、数式、化学式等を文字数としてカウントする必要はありません。
Q 特別口述試験に提出する小論文での参考文献について
A  参考文献等に関する情報を記載することが必須の場合は、常識の範囲内で記述してください。この部分については文字数としてカウントする必要はありません。
Q 特別口述試験の第一志望のみとありますが、どのように確認があるのでしょうか?
A  特別口述試験の試問で意思確認します。
Q 特別口述試験の成績優秀の基準はどのくらいですか?
A  合否の基準は公開しておりません。
Q 特別口述試験の選考結果はいつ教えてもらえますか?
A  特別口述試験の際に結果通知日をお知らせしますが、前年度の実績は 試験翌日です。
Q 特別口述試験で筆記試験免除にならなかった場合、どのような手続きで 一般入試を受けられるのですか?
A  願書等の再提出は不要です。募集要項、入試案内書にしたがって 一般入試の筆記試験を受験してください。
Q 特別口述試験の小論文の内容に志望研究室を見学した際の経験を含めてよいでしょうか?
A  小論文は「出願の動機と修士において希望する研究内容」について記述することとしています。この趣旨に沿って自由に記述してください。ただし、事前の研究室見学が入試で有利に作用することはありません。
Q 既卒でも特別口述試験は受けられるのでしょうか?
A  募集要項、入試案内書の基準を満たしていれば受験できます。
Q 社会人の場合、特別口述試験で大学の成績書に加えて会社の実績などを 提出できますか?
A  募集要項、入試案内書で指定した書類のみを提出してください。

博士課程試験に関する質問

Q 博士課程の英語について筆記試験とスコアシートの提出の両方を選択した場合、良い方の 成績が選考に使われるのでしょうか?
A  その通りです。
Q 博士社会人等特別選抜の追加書類を教えてください。
A  指導予定教員にコンタクトして問い合わせてください。

書類の書き方,説明等に関する質問

Q 卒業(修了)後に改姓し、願書に記入する氏名と、提出書類の一部に記載された氏名が異なっています。本人確認のために、追加する書類は必要でしょうか。
A  卒業(修了)後に姓のみが変わった場合は、願書に記載されている氏名の「名」の部分及び生年月日により卒業(修了)証明書、成績証明書等との対応を確認しますので、追加書類の提出は必要ありません。
Q 本郷キャンパスで行われる入試説明会には学外者も参加できますか?また、事前に予約などは必要ですか?
A  学内・学外を問わず参加を歓迎します。また、事前申し込みは不要です。
Q 研究計画書の内容及び書き方について指導志望教員に相談してよいか?
A  研究計画書については相談に応じることはできません。ただし、研究内容や研究テーマについて相談することはさしつかえありません。
Q 試験の日程が重ならなければ、新領域内の別の専攻と併願してもよいか?
A  併願できません。新領域創成科学研究科修士課程および、博士後期課程募集要綱を参照してください。
Q 入試の前に志望教員を訪問したり、メールでコンタクトをとることは、入試で有利になりますか?
A  試験の合否には影響ありません。ただし、研究内容について相談しておくことは、志望する研究室の研究内容と,自身の計画している研究内容が一致しているか,などを確認すること ができ,修士,博士課程入学後のスムーズな研究活動に繋がります。よって、特に博士課程への入学希望者は、自分の研究計画について事前に相談しておくようにしてください。詳しくは各専攻のHPを参照してください。
Q 研究室見学の際などに,入学試験に関して教員に相談することはできますか?
A  入学試験に関する相談はできません。相談できる内容は、研究室で行われている研究内容や指導可能な分野に関すること、大学院での学生生活に関すること、研究室修了生の進路に関することの3つに限られます。
Q 大学院修了者の就職先等は公表していますか?
A  本HP(こちら)で公表しています。また、各専攻のHP等にも情報がある場合も有りますので、参考にしてください。
Q 「グローバルエネルギー工学講座」と「低炭素工学システム学講座」ですが、この2つの研究室を除き専攻のほかの研究室については「講座」ではなく「分野」という名称になっているのが気になっています。これらの違いは何なのでしょうか?
A  2つの研究室は連携講座であり、前者は一般財団法人電力中央研究所、後者は独立行政法人産業技術総合研究所に所属している教員が指導にあたります。授業は東大 柏キャンパスで行いますが、修士論文の研究は連携先の機関で行います。以上の2つの研究室は連携講座の名前から「・・・・講座」と書いています。他の研究 室は東大の教員が指導する研究室で「・・・・分野」と呼んでいます。
募集対象 入試日程 出願期間 お知らせ 入試説明会 募集要項・入試案内書 入試科目 過去の入試結果 過去の入試問題ダウンロード 問い合わせ先
page top