アンビエント・メカトロニクス分野

教員紹介

  • 山本 晃生
    教授
    山本 晃生 YAMAMOTO Akio

    1972年東京都生まれ。東京大学大学院工学系研究科精密工学専攻博士課程修了。博士(工学)。東京大学工学系研究科、助教、講師、准教授、教授を経て現職。アクチュエータや触力覚デバイスをはじめとするメカトロニクス領域を専門とする。
    アクチュエータや触力覚デバイスの領域には、まだ見出されていない多くの可能性が潜んでいます。新しい技術を一緒に探求していきましょう。

  • 吉元 俊輔
    講師
    吉元 俊輔 YOSHIMOTO Shunsuke

    1986年兵庫県生まれ。大阪大学基礎工学部システム科学科卒業、同大学大学院基礎工学研究科機能創成専攻修了、博士(工学)。大阪大学大学院基礎工学研究科助教、東京大学大学院工学系研究科講師を経て現職。専門は生体工学、メカトロニクス、電気計測。
    知力と技量を磨き、物事の本質に深く切り込んでいけるよう、学生と共に研究に取り組んでいきたいと思います。

人と環境の新たなインタラクションを創造する

本分野では、ロボティクス・インタラクション・人間支援などへの応用を念頭に、新しいメカトロニクス技術を探求しています。特に、革新的なアクチュエータ・センサ技術の開発と、人と外界のインタラクションの理解を通じて、アンビエントなメカトロニクス環境を構築し、人々の豊かな生活に貢献します。具体的には、ロボティクスやインタラクションに革新をもたらす極薄アクチュエータ、電磁界制御と逆解析により身体運動や相互作用を可視化するユビキタスセンサ、環境エネルギにより直接駆動するスマートメカニズム、人の知覚特性を活かした高品質な力触覚提示などの研究に取り組んでいます。

柔軟で高出力な静電フィルムアクチュエータ
柔軟で高出力な静電フィルムアクチュエータ
電磁トモグラフィによる様々なイメージング
電磁トモグラフィによる様々なイメージング