人間エネルギー環境学分野

教員紹介

  • 飛原 英治
    教授
    飛原 英治 HIHARA Eiji

    1954年広島県生まれ。東京大学大学院工学系研究科機械工学専攻博士課程修了、工学博士。専門はエネルギー環境学。
    温暖化防止のためには、民生部門のベストミックスエネルギーシステムの導入や環境負荷の小さい冷凍空調システムの普及が重要です。ノンフロン化などの革新的冷凍空調技術に関する基盤技術の確立により、持続的社会の実現を目指しています。

  • 党 超鋲
    准教授
    党 超鋲 DANG Chaobin

    1973年中国四川省生まれ。中国北京航空航天大学飛行機設計および応用力学学科卒業。東京大学大学院工学系研究科機械工学専攻博士課程修了、博士(工学)。専門は熱工学、冷凍工学。
    再生可能エネルギーの使用拡大のための太陽エネルギー、自動車エンジン排熱などの有効利用と、次世代高効率、低環境負荷空調機及びマイクロチャンネルエネルギー機器の開発に取り組んでいます。

環境に調和したエネルギー技術を創造する

オゾン層の破壊、PM2.5などの大気汚染、地球温暖化問題などが顕在化し、その解決に 対して一刻の猶予も許されない状況となっています。環境問題を解決するためには、大量 生産、大量消費社会からリサイクル社会への転換、エネルギー資源のさらなる有効利用な ど、新しい技術イノベーションにより、これまでの社会を変革し、環境に配慮した持続的 発展が可能な社会を形成する必要があります。
本分野では、環境に調和し人間の快適性も損なわないエネルギーの利用技術を創造する ことを目指し、身近な空調技術に注目して機械要素技術研究からエネルギーシステム全体 の研究に至るまで、エネルギー利用技術について総合的に研究を行っています。

  1. (1) 太陽エネルギーを利用した空調システム
  2. (2) 潜熱理と顕熱処理を分離した空調システム
  3. (3) 低GWP冷媒ヒートポンプ
  4. (4) マイクロチャネルを利用した高性能小型熱交換器
  5. (5) 吸湿性に優れたデシカント材料の研究
太陽光コージェネレーション
太陽光コージェネレーション
マイクロチャネルエネルギー機器の開発
マイクロチャネルエネルギー機器の開発