環境情報マイクロシステム学分野

教員紹介

  • 保坂 寛
    教授
    保坂 寛 HOSAKA Hiroshi

    1956年東京都生まれ。東京大学大学院工学系研究科精密機械工学専攻修士課程修了。電電公社(現NTT)を経て現職。博士(工学)。専門は機械力学、センサネットワーク。
    未来の機械は周囲情報を収集し、人と環境に自らを適合させます。私たちは、力学、統計、アルゴリズムを武器にこれを実現します。

  • 佐々木 健
    教授
    佐々木 健 SASAKI Ken

    1957年神奈川県生まれ。東京大学工学系研究科精密機械工学専攻修士課程修了。日本電気(株)等を経て現職。博士(工学)。専門はメカトロニクス、信号処理。
    技術は人類の生存と繁栄のための知識体系です。知的探求心とともに生活感覚や遊び心も大切にしたいと思います。

  • 森田 剛
    教授
    森田 剛 MORITA Takeshi

    1970年埼玉県生まれ。東京大学大学院工学系研究科精密機械工学専攻博士後期課程修了、博士(工学)。理化学研究所、スイス連邦工科大学、東北大学を経て現職。専門は強誘電体応用デバイス。
    本気で楽しむ。これってけっこう難しいことです。充実した学生生活を楽しめるように一緒に頑張りましょう。

情報センシングのためのメカトロニクスとダイナミクス

情報通信、センシング、メカトロニクスを基盤技術として、ユビキタス情報機器を用いた環境情報ネットワークの構築を進めています。デバイスを極限まで小型化するとともに、入力情報を多様化して、あらゆる自然、人間、人工物に装着することを狙っています。端末は、センサ、エネルギー源、CPU、無線デバイスからなり、自然界の情報をネットワークに取り込むための最小機能をもった素子です。当研究室の学生は、ダイナミクス、メカトロニクス、生体計測、情報処理などの基礎知識の習得と、以下の研究に従事します。

  • ●形状記憶圧電アクチュエータ
  • ●人体を信号伝送路とするワイヤレスPersonal Area Network
  • ●人体および自然物の微小振動を電気エネルギーに変換するマイクロ発電
  • ●バーチャルリアリティ機器を利用したスイッチ操作感覚の設計と評価
  • ●自動車運転中の無拘束心拍周期計測
  • ●モバイル通信網を用いる位置探査と位置データマイニング
  • ●環境にやさしい非鉛圧電材料
ジャイロ型発電機
ジャイロ型発電機
人体を伝送路とする通信システム
人体を伝送路とする通信システム