健康スポーツ科学分野

教員紹介

  • 石井 直方
    教授
    石井 直方 ISHII Naokata

    1955年東京都生まれ。東京大学理学部生物学科卒業、東京大学大学院理学系研究科修了、理学博士。専門は筋生理学、身体運動科学。
    これまで、力学的環境への筋の適応機構の解明と、その応用としての新たなトレーニング法の開発に携わってきました。筋に限らず、生命の基本的メカニズムの解明や、新規技術の開発につながる研究ができればと思っています。

  • 福崎 千穂
    准教授
    福崎 千穂 FUKUSAKI Chiho

    1970年神奈川県生まれ。東京大学大学院教育学研究科身体教育学コース博士課程修了、博士(教育学)。東洋英和女学院大学助教授を経て現職。専門は運動生理学。
    高酸素や低酸素環境への生体応答の研究を行う傍ら、高齢者や身障者への水中運動を指導。運動や環境変化などの刺激を上手に用いながら、身体機能の維持向上を図る方法の開発を目指しています。

人間の未知なる可能性を科学する

高齢社会における生活の質(Quality of Life; QOL)を向上させるうえで、個人が身体を自由に活動させることの価値が高まっています。また、高齢者も受動的な福祉に甘んじることなく、積極的な生き方や活動に取り組むことが求められるようになってきました。そのためには、中高齢者の積極的な体力の維持増進が必要となります。そこで本分野では、中高齢者それぞれの健康状態やライフスタイルを考慮しながら、安全かつ効果的で継続しやすい運動の方法を研究開発することを目指し、以下の課題に取り組んでいます。

  1. (1) 運動に関わる身体機能の生理的メカニズム研究
  2. (2) 筋・脳機能のメカニズムに基づく新規運動・トレーニング方法の開発
  3. (3) 呼吸循環機能のメカニズムに基づく新規運動・トレーニング方法の開発
  4. (4) 身体の動きや機能の簡便な評価方法の開発
第3回研究科長杯駅伝大会に出場し、優勝しました!
第3回研究科長杯駅伝大会に出場し、優勝しました!
スクワット動作中の筋電図計測の様子
スクワット動作中の筋電図計測の様子