人間環境学専攻のカリキュラム

イノベーションの源を築く多彩な講義。
異なるディシプリンの融合が、未来への扉を開きます。

人間環境学専攻では、人間と人工物に対する幅広い知識をもち、環境を俯瞰することによって今日の社会が抱える様々な課題解決に対応できる人材の育成を目指します。
カリキュラムには、エネルギー工学、システム工学、スポーツ科学、メカトロニクス、センシング、情報通信、計算工学などの要素技術、基盤学理に立脚した多彩な講義を用意し、有機的に結びつく学理を追究します。

講義一覧

  • 環境エネルギーシステム学特論Advanced Lecture on Environmental Energy Systems
  • 環境情報機器特論Environmental Information Equipment
  • 最適システム設計論Optimal System Design
  • 環境メカトロニクス特論Mechatronics for Environmental Studies
  • 人間人工環境特別講義ISpecial Lecture on Human and Engineered Environment I
  • 人間人工環境特別講義IISpecial Lecture on Human and Engineered Environment II
  • 適応生理科学特論Physiolgical Science of Adaptation to Exercise
  • 人工物工学特論Artifical Engineering
  • 連続体振動論Vibration of Elastic Continuum
  • 知識情報処理特論Knowledge Information Processing
  • 人間環境情報ウェアラブルセンシングHuman and Environmental Information Wearable Sensing
  • 環境シミュレーション学特論ⅠEnvironmental Simulation Ⅰ
  • 環境シミュレーション学特論ⅡEnvironmental Simulation Ⅱ
  • 生活支援工学特論Assistive Technology
  • 振動音響環境学Environmental Sound and Vibration
  • 環境モニタリングデバイス特論Environment Monitoring Devices
  • フレキシブルデバイス構成特論Mechanical and Electrical Design of Flexible Devices
  • 人間環境学(基礎Ⅰ)Human and Engineered Environmental Studies (Basic I )
  • 人間環境学(基礎Ⅱ)Human and Engineered Environmental Studies (Basic II )
  • 人間環境学(応用)Human and Engineered Environmental Studies (Application)
  • 人間環境設計演習Exercises in Human Environmental Design

環境マネンジメントプログラム

経済やビジネス、文化、社会などの多方面から、環境技術について研究するプログラムです。環境技術を総合的に学習、構想、開発し、技術移転、起業することに関心をもつ方を対象としています。
環境問題の生じる構造や、その技術的、社会的解決方法の全体像を理解することにより、環境配慮型の社会の潤滑油になるさまざまな事実を発掘し、遂行できる能力を養成していきます。
「環境プランナー」(環境省所轄 地球環境財団認定)の資格を取得できます。

  • サステイナビリティ論
  • 環境プランニング論
  • 環境ビジネス論
  • 環境経済論
  • 環境システム学概論
  • 自然環境学概論
  • 社会文化環境学概論
  • 持続可能な社会のビジネスと金融
  • プロジェクトマネジメント特論