人間環境学専攻の概要

ようこそ、人間環境学専攻へ

世の中が目まぐるしく変化していく中で、本専攻は「人間」とそれをとりまく「環境」に着目し、「人と環境が調和する豊かな暮らしの実現」を目指します。この実現には、単一の学問分野を突き詰めるだけでは不十分であり、新領域創成科学研究科が掲げる「学融合」の導入が不可欠です。
各研究室の研究プロジェクトや専攻の教育カリキュラムは、エネルギー工学、システム工学、スポーツ科学、メカトロニクス、センシング、情報通信、計算工学などの要素技術、基盤学理に立脚しています。学理の追究だけに留まらず、その強みを応用、展開させるとともに、異なる分野の研究者と手を取り合っていくことが可能です。
さらに、柏キャンパスでは、新領域創成科学研究科や研究センター群、サポート施設の一体感ある企画運営が行われ、異なる研究分野のアイデアを融合させる機会に満ちています。地域連携や国際連携、実証実験を伴うプロジェクトが多いことも特長であり、自らの研究が社会で実際に役立つさまを実感することができるでしょう。
本専攻の目指す「人間環境学」の創成を模索しつつ、切磋琢磨しながら新たな解を導き出すことを期待しています。人間と環境が形づくる新たな時代に向けて、臆することなく挑戦的な試みをともに重ねていきましょう。

新領域創成科学研究科人間環境学専攻 専攻長
森田 剛