人間環境学専攻の概要

ようこそ、人間環境学専攻へ

本専攻の目指すものは、人間と環境という本質的に相反するものを、革新的なものづくりを通じて融合させることです。そこに魔法はありません。各研究室の研究プロジェクトや専攻の教育カリキュラムは、エネルギー工学、システム工学、スポーツ科学、メカトロニクス、センシング、情報通信、計算工学などのオーセンティックな要素技術、基盤学理に立脚しています。これらを組み合わせることで、本専攻が具体的なターゲットとして掲げる、低炭素社会の実現と超高齢社会の課題解決という成果が期待できるようになります。

柏キャンパスでは、新領域創成科学研究科や研究センター群、サポート施設の一体感ある企画運営によって、異なる研究分野のアイデアを試す機会が多数用意されています。地域連携や国際連携、実証実験を伴うプロジェクトが多いことも特長で、自分の研究が社会で実際に役立つさまを実感することができるでしょう。

これからの技術者、研究者には「異なるディシプリンの融合」が間違いなく求められます。これを成し遂げることは容易ではありませんが、本専攻で学位取得に向かって切磋琢磨することが、必ずやその礎となることと期待します。ともに人間と環境が形づくる新たな時代に向かって、臆することなく挑戦的な試みを重ねて行きましょう。

新領域創成科学研究科人間環境学専攻 専攻長 伊藤寿浩