革新的学びの創造学寄付講座

教員紹介

  • 栗田 佳代子
    特任教授
    栗田 佳代子 KURITA Kayoko

    1970年三重県生まれ、東京大学大学院教育学研究科総合教育科学専攻博士課程満期取得退学、博士(教育、東京大学)。カーネギーメロン大学Visiting Scholar、 大学評価・学位授与機構、東京大学大学総合教育研究センターを経て現職。東京大学フューチャーファカルティプログラムを担当。専門は、高等教育、特に高等教育開発、ファカルティ・ディベロップメントにかかるプログラムの開発・評価。 大学教員および大学院生の教育力等の支援プログラムの開発と評価が専門であり、「教える人」の人材育成の方法論および効果測定を基盤に高等教育の質向上に寄与したいと考えています。

  • 蜂須賀 知理
    特任講師
    蜂須賀 知理 HACHISUKA Satori

    1979年神奈川県生まれ。東京大学大学院新領域創成科学研究科人間環境学専攻博士課程修了、博士(環境学)。株式会社デンソー、東京大学大学院新領域創成科学研究科人間環境学専攻助教を経て現職。専門は、人間工学、ヒューマンインタフェース。
    人間の特性から「学び」のメカニズムを解明し、安全・安心・快適なインクルーシブ社会実現に向けた方法論およびシステム構築を目指します。

学びの解明によるインクルーシブ社会の実現

本講座では、超スマート社会(Society5.0)において誰もが活躍できるインクルーシブな社会の実現を目指し、新たな「学び」を創造していきます。人の「学び」のメカニズムを解明することで、多様性のある人材育成に必要な方法論を確立し、新たな評価軸とともに学び方の共有方法についても探究していきます。「学び」に主眼を置き、人の生理・心理状態をセンシングする手法、人への効果的なフィードバック方法、さらに多角的な評価手法を含めてシステム化する技術の構築に取り組みます。
具体的な領域としては、人間工学、教育学、ヒューマンインタフェースに関する知見と、信号処理、AI、XR等の技術を基本とし、これらを融合させることで人を中心とした学びのシステムへと発展させていくことを考えています。さらに、株式会社ナガセとの連携により、実社会に即したスピード感のある研究開発の推進を特徴とします。

学びのメカニズム解明
学びのメカニズム解明
学びの場づくりの探究
学びの場づくりの探究